ヒトなどの生きた細胞に別の遺伝子を効率よく導入する手法を大阪大学などが開発

記事まとめ

  • ヒトなどの生きた細胞に別の遺伝子を効率よく導入する手法を大阪大学などが開発した
  • すでにマウスの細胞やヒトのガン細胞で実験し、手法が有効かどうかを確かめている
  • この手法は将来、ガンのみならず糖尿病など特定の遺伝子治療への貢献を期待されている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております