中国の世界遺産「万里の長城」が、れんが盗難や風化で明王朝時の約3割消失

記事まとめ

  • 中国の世界遺産「万里の長城」が、明王朝時の約3割消失していると報道された
  • 周辺住民らがれんがを盗み出し、家を建てるために流用したり転売しているらしい
  • 中国長城学会の副会長は状況は深刻だと述べ、国家文物局が取り締まりを強化するという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております