中国で豪雨によって養殖地が氾濫し150トンの魚が流出 集結した村民が魚の9割を略奪

記事まとめ

  • 四川省で、豪雨によって企業が経営する養殖池が氾濫し、150トンもの魚が流れ出した
  • これを見た近隣の村民たちが集結し、浅瀬に打ち上げられた魚を次々と持ち帰っていった
  • 結局魚の90%は"略奪"されてしまい、被害額は200万元(約3050万円)以上に達したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております