<中国人観光客が見た日本>大好きなちびまる子ちゃんの故郷へ行けて大満足!でも富士山を見るのに警察へ行くってどういうこと?

<中国人観光客が見た日本>大好きなちびまる子ちゃんの故郷へ行けて大満足!でも富士山を見るのに警察へ行くってどういうこと?

7日、中国でも人気のちびまる子ちゃん。中国の20代女性がこのほど、ちびまる子ちゃんに引かれて静岡を旅行した際の体験記をネット上でつづった。写真はちびまる子ちゃんランド。

2016年9月7日、中国でも人気のちびまる子ちゃん。中国の20代女性がこのほど、ちびまる子ちゃんに引かれて静岡を旅行した際の体験記をネット上でつづった。

もしちびまる子ちゃんがいなかったら、静岡という都市を知ることはなかっただろう。実際には、中国の多くの空港に静岡への直行便がある。でも実のところ、ちびまる子ちゃんの家は静岡から電車で何駅も先にある清水だ。

ちびまる子ちゃんランドは、ショッピングモールの3階にあった。チケットを購入し中へ入ってみると、中はとても小さいところだった。子どもが来るにはちょうどいいが、大人だとすぐに見終わってしまいそうだ。

中に入ってみると、そこには写真を撮るところがたくさんあった。小さな所ではあるけれど、ちびまる子ちゃんの家がある清水へついに行くことができ、願いがかなって大満足だ。実のところ、清水はちびまる子ちゃんの作者の故郷なんだけど。

静岡も一通り見てみたけど、わりとおしゃれな街であることに気が付いた。でもおかしなことに、街では若者を見かけることはあまりなく、お年寄りばかりだった。

ホテルのフロントは、富士山を見るなら警察署へ行くようにと言った。は?どういうこと?警察署に行って富士山を見るなんて、聞き間違いじゃないよね?

それでも言う通り、書いてもらった地図に従って警察署へ行ってみた。着いてみるとホテルの人の言うことは本当だった。警察署の最上階が観光専用になっているのだ。遮るものが何もない360度のパノラマ景観台だ。ただ、私たちが行ったときは天気が悪く、富士山をはっきりと見ることはできなかった。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)