中華航空の旅客機が台湾桃園国際空港に着陸する際に尾部が滑走路に接触か

記事まとめ

  • 中華航空の旅客機が台湾桃園国際空港に着陸する際、尾部が滑走路に接触した疑いがある
  • 中華航空機の機長が機体を着陸復行して、その後改めて無事着陸した
  • 着陸時の尻もち事故は少なく、機体の仰角が過剰だったのが原因だった可能性がある

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております