中国の食品汚染で2015年は約1万人死亡、中国社会科学院の都市発展環境研究所が報告

記事まとめ

  • 中国では食品汚染が原因で2015年に約1万人もの死者が出たことが明らかにされた
  • 要因は土壌、大気、水などの汚染、化学肥料の過剰使用、抗生物質の乱用など
  • 中国の化学肥料使用量は世界全体の35%を占め、米国とインドの総和に相当するという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております