「爆買い」ブームは収束、中国人の日本旅行は多様化―中国メディア

中国人旅行者による日本での『爆買い』現象が収束 ブームはもう起きないとの予測も

記事まとめ

  • 中国人旅行者による日本でのいわゆる「爆買い」現象は、円高を受けて収束しつつある
  • 「以前のように爆発的な買い物ブームはもう起きないだろう」と予測する報道機関も
  • 日本文化の体験だけでなく、日常生活を楽しむなど中国人の日本旅行は多様化している

「爆買い」ブームは収束、中国人の日本旅行は多様化―中国メディア

「爆買い」ブームは収束、中国人の日本旅行は多様化―中国メディア

4日、新華網は、中国人旅行者による日本でのいわゆる「爆買い」現象について、「すでに消費の傾向は落ち着きを見せており、以前のように爆発的な買い物ブームはもう起きないだろう」と予測した。写真は日本商店の観光客。

2016年10月4日、新華網は、中国人旅行者による日本でのいわゆる「爆買い」現象について、「すでに消費の傾向は落ち着きを見せており、以前のように爆発的な買い物ブームはもう起きないだろう」と予測した。直播黄金周が伝えた。

日本は最近、中国人にとって人気の旅行先になった。ビザ(査証)発給条件は緩和され、サービス業や商品のレベルは高く、交通システムはスムーズだからだ。日本を訪れる中国人は昨年、のべ499万人に達した。今年は通年で700万人に迫ると予想されている。中国人にとって日本の目薬や便座、カメラや腕時計は人気となった。しかし、一時の爆買い現象は円高を受けて収束しつつある。

中国人の日本旅行は多様化し始めた。日本の風情や文化を体験するだけでなく、日常生活を楽しむ人たちも現れている。買い物や日本食、温泉のほか、和服を着て写真を撮ったり、花を愛でたり、スキーをしたり、民宿に泊まる人もいる。そば打ち体験や人気歌手のサイン会に参加する人もいるのだ。(翻訳・編集/大宮)

関連記事(外部サイト)