河野洋平氏が安倍首相の「毛頭」発言を批判「人間性の問題」=韓国ネット「河野氏は日本の良心」「日本を憎みながらも最後まで対話すべき理由は…」

河野洋平氏が安倍首相の「毛頭」発言を批判「人間性の問題」=韓国ネット「河野氏は日本の良心」「日本を憎みながらも最後まで対話すべき理由は…」

6日、安倍晋三首相が韓国の元慰安婦におわびの手紙を出す考えはないとしたのに対し、河野洋平元衆院議長が「人間性の問題」などと批判したことについて、韓国・ニューシスが日本の報道を引用し伝えた。写真は自民党ポスターの安倍首相。

2016年10月6日、安倍晋三首相が韓国の元慰安婦におわびの手紙を出す考えはないとしたのに対し、河野洋平元衆院議長が「人間性の問題」などと批判したことについて、韓国・ニューシスが日本の報道を引用し伝えた。

安倍首相は3日の衆院予算委員会で、韓国の元慰安婦支援財団が求める首相名義の謝罪の手紙について問われ「われわれは毛頭考えていない」と、日韓の合意内容にない手紙を出す考えのないことを表明した。河野氏は翌4日に日本のテレビ番組に出演、安倍首相の発言に関し「人間性の問題かなと思う。もっと寄り添った言い方があったかもしれない」などと批判した。

また記事によると、河野氏は同じ放送で安倍内閣による憲法改正方針について「憲法に何か問題点があるだろうか」と否定的な見解を示した上で、憲法改正を進めようとする安倍首相について「自分の名前を残したいのか。そうした理由で政治を利用してはならない」と指摘した。

安倍首相の手紙拒否の発言に韓国政府は立場を明らかにしていないが、韓国の一部メディアはこれを「無礼」「外交的欠礼」などと取り上げた。ネットユーザーの間では首相発言やそれに反論しない韓国政府への反発の声が上がっていただけに、今回の河野氏の発言を好意的に受け止めるコメントが多数寄せられている。

「河野氏は朴槿恵(パク・クネ)大統領より100万倍まし」
「安倍首相より朴槿恵の方が問題」
「韓国政府が安倍首相の発言に一言も言い返せないでいるのが情けない」
「安倍さんも朴さんも人間性に問題あり」

「時間を巻き戻し、独立軍の力で国の独立を成し遂げられたらいいのに」
「僕らは河野氏という日本の良心を忘れてはならない」
「日本を憎みながらも最後まで対話をすべき理由。それは、無分別な日本人の中にもこうして反省する人間がいるからだ」

「日本にまだこんな人がいたのか」
「朴槿恵は何をしてるんだ?自分がこんな合意をしたくせに」
「こちらも少女像(在韓日本大使館前の慰安婦像)撤去は毛頭考えてないので、日本は撤去しろとかするなとか言ってくるなよ」(翻訳・編集/吉金)

関連記事(外部サイト)