米TVリポーターの取材に非難殺到、中国系住民に「いい腕時計だね、盗んだの?」―中国メディア

米TVリポーターの取材に非難殺到、中国系住民に「いい腕時計だね、盗んだの?」―中国メディア

8日、米フォックステレビの看板報道番組でこのほど、ニューヨークのチャイナタウンを訪れたリポーターが中国系住民を小ばかにするようなエスニックジョークを展開し、批判が集まっている。

2016年10月8日、国際在線によると、米フォックステレビの看板報道番組「ザ・オライリー・ファクター」のリポーター、ジェシー・ウォターズ氏(38)の偏見に満ちたインタビュー内容に、米国内で批判が相次いでいる。

ニューヨークのチャイナタウンを訪れたジェシー・ウォターズ氏は当初、米大統領候補のヒラリー・クリントン氏やドナルド・トランプ氏、米中関係について質問すると言っていた。だが実際にインタビューを始めると、「人に会ったらやっぱりおじぎするの?」「いい時計だね、どこで盗んだの?」「中国製でないものは何か持っている?」「中国と米国は友達と思う?それとも敵?」「米国が北朝鮮をやっつけるのに協力してくれる?」などと、得意のエスニックジョークを展開した。

ジェシー・ウォターズ氏には悪意があったわけではないようだ。だが明らかに民族差別につながるような発言に、米国ではAP通信やCBS、CNN、ニューヨークマガジンなどが一斉に非難。ネット上でも多くのメディアが批判記事を掲載し、カリフォルニア州とニューヨーク州では州議員から番組を批判する声明が出されたほか、政治家や民間団体、中国をはじめとするアジア系団体など、批判が全国に広がる事態となった。

「謝罪すべきだ」と糾弾されたジェシー・ウォターズ氏は、「インタビューはあくまでジョークで、誰かを傷つけたなら謝る」としつつ、「ただ、エスニックジョークとしてチャイナタウンがよく取り上げられるのは、世界中のどの番組も変わらない」と反論した。

記事では「謝罪としては、誰もが納得できるものではなく、社会的な批判が集まっており、このコメントでさらに謝罪要求が高まるかもしれない」と伝えている。(翻訳・編集/岡田)

関連記事(外部サイト)