中国系住民侮辱した米TV番組に中国系ジャーナリストが反撃―香港メディア

中国系住民侮辱した米TV番組に中国系ジャーナリストが反撃―香港メディア

9日、香港紙・東方日報は、中国系住民を侮蔑するようなインタビューを行った米フォックステレビの看板報道番組「ザ・オライリー・ファクター」に対し、中国系の米国人ジャーナリスト、ロニー・チェン氏が反撃したと伝えた。写真はニューヨークのチャイナタウン。

2016年10月9日、参考消息網によると、香港紙・東方日報は、中国系住民を侮蔑するようなインタビューを行った米フォックステレビの看板報道番組「ザ・オライリー・ファクター」に対し、中国系の米国人ジャーナリスト、ロニー・チェン氏が反撃したと伝えた。

「ザ・オライリー・ファクター」のリポーター、ジェシー・ウォターズ氏は番組内で、ニューヨークのチャイナタウンを訪れ、米大統領候補のヒラリー・クリントン氏やドナルド・トランプ氏、米中関係について質問するとしていた。

だが実際には中国系住民に対し、「人に会ったらやはりおじぎするのか」「いい時計だね、どこで盗んだの」「中国製でないものは何か持ってるの」「中国と米国は友達それとも敵、米国が北朝鮮をやっつけるのに協力してくれる」などの質問を浴びせた上、番組内では英語でのインタビューに答えられない中国系の高齢者をやゆするような演出も行い物議を醸していた。

これについて、米国のトーク番組「ザ・デイリー・ショー」の中国系ジャーナリスト、ロニー・チェン氏は同番組内で、「フォックステレビは中国のことを何も分かっていない。チャイナタウンは中国を代表しているわけではない」と批判。自らチャイナタウンに足を運び、中国系住民に中国語と英語でインタビューする様子を伝えた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)