韓国の男、「あと3日で時効!」と浮かれ過ぎて捕まる=韓国ネット「口は災いのもとだね〜」「他に自慢することがなかったのか」

韓国の男、「あと3日で時効!」と浮かれ過ぎて捕まる=韓国ネット「口は災いのもとだね〜」「他に自慢することがなかったのか」

11日、韓国・ソウル新聞は、7年間の逃走生活の末、「あと数日で自由の身になれる」と周囲に触れ回ったことで自分の首を絞めてしまった韓国の哀れな男について報じた。写真は韓国の警察官をイメージしたキャラクター。

2016年10月11日、韓国・ソウル新聞は、7年間の逃走生活の末、「あと数日で自由の身になれる」と周囲に触れ回ったことで自分の首を絞めてしまった韓国の哀れな男について報じた。

ソウル中央地検は同日、覚せい剤取引を行った容疑で54歳の男ヤンを拘束・起訴したと明らかにした。検察によるとヤンは09年10月、元警察官のパクと販売収益を山分けする目的でパクに覚せい剤10グラムを提供した疑いが持たれている。当時別の事件の容疑者として指名手配されていたパクは、逃走資金を得るためヤンから覚せい剤を手に入れ、別の知人を通して売りさばく計画だった。しかしパクは検察のおとり捜査に引っ掛かり偽の取引現場で逮捕された。

これ以降7年にわたり捜査の目をかいくぐってきたヤンだが、最近になり周囲に「間もなく時効になる」と自ら触れ回っていたという。これを聞いた人物からの匿名の情報提供により検察はヤンの所在を把握、今月6日にヤンを逮捕した。

ヤンは捕まるまで、事件の時効が発生から7年の今年10月9日と考えていたというが、実はこれは間違い。正しくは事件発生から10年後の19年が時効だった。ヤンは取り調べで、勘違いしていた時効の翌日である今月10日に自首する考えだったと話しているという。

報道を受け、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「いい気味だ」
「罪を犯して生きるのはやめよう。捕まってよかった」
「時効をなくすべきだ」

「他に自慢することがなかったのか!」
「口は災いのもとだね〜」
「時効を迎えたと勘違いしたまま自首しに行って捕まっても面白かったけどね」

「ほら見ろ。裏切り者は一番近い場所にいる。韓国人には裏切りの国民性がある」
「何かを知るにもいいかげんな知識じゃ駄目ということだ。最初から罪を償っていれば、もうとっくに自由の身になってただろうに」
「頭が悪いと苦労するね」(翻訳・編集/吉金)

関連記事(外部サイト)