中国がフィリピンからの農水産物輸入を積極化、ドゥテルテ大統領への「プレゼント」―英メディア

中国がフィリピンからの農水産物輸入を積極化、ドゥテルテ大統領への「プレゼント」―英メディア

フィリピンのドゥテルテ大統領の訪中にあわせ、中国がフィリピンからの農水産物輸入を積極化する見通しだ。写真はフィリピン地図。

フィリピンのドゥテルテ大統領の訪中にあわせ、中国がフィリピンからの農水産物輸入を積極化する見通しだ。

参考消息網が英メディアの報道として11日付で報じたところによると、同国のピニョール農業相はこのほど、中国による果物輸入制限が解除されると発言し、「ドゥテルテ大統領への『プレゼント』として、中国は過去にブラックリストに入れた27の果物輸出業者からの輸入を再開する」と語った。さらに、中国大使から「フィリピン産のマンゴーやドラゴンフルーツ、カニなどの水産物を輸入する」との説明があったことも紹介。農業相の発言は、ドゥテルテ大統領が中国との経済関係強化を推し進めていることを示すものと受け止められている。

フィリピン政府のまとめによると、第1四半期(1−3月)の農業生産量は前年同期に比べ4.4%減った。第2四半期(4−6月)も同2.1%減少。ピニョール農業相は中国側の動きについて「農業当局にとっては意外な収穫」と発言、「中国がフィリピンの農産品にとって最大の市場であることは事実」と述べた。(提供/Bridge・編集/Yamaguchi)

関連記事(外部サイト)