サッカー中国代表、高洪波監督が辞任表明、W杯最終予選4試合で1分3敗―中国メディア

サッカー中国代表、高洪波監督が辞任表明、W杯最終予選4試合で1分3敗―中国メディア

11日、サッカー中国代表監督の高洪波氏が、同日行われたワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選のウズベキスタン戦後の記者会見で、辞任する意向を示した。資料写真。

2016年10月11日、サッカー中国代表監督の高洪波(ガオ・ホンボー)氏が、同日行われたワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選のウズベキスタン戦後の記者会見で、辞任する意向を示した。新浪体育が伝えた。

アウェーでウズベキスタンと対戦した中国は0−2で敗戦。ここまでの4試合で1分3敗、勝ち点わずかに1と、最終予選突破は厳しい状況となっている。

高氏は会見で「チームがこの先、勝ち進んでくれることを願っている。応援を続けてくれるファンに感謝したい」と語った。

新浪体育がネット上で行ったアンケートでは、約7割が「辞任は当然」と回答。次の監督に外国人を希望すると答えた人が6割を超えている。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)