中国人が来ない?じゃあ日本人だ!=台湾観光局が日本人誘致へ「奇策」―台湾メディア

中国人が来ない?じゃあ日本人だ!=台湾観光局が日本人誘致へ「奇策」―台湾メディア

12日、台湾・中国時報によると、中国人観光客の減少に頭を悩ます台湾が、日本人に狙いを定めた。写真は台北桃園空港。

2016年10月12日、台湾・中国時報によると、中国人観光客の減少に頭を悩ます台湾が、日本人に狙いを定めた。

11日、台湾観光局は、日本の大都市を出発して台湾を訪れる日本人観光客について、4人グループで個人旅行をする場合、1人分の航空券を無料にするキャンペーンを11月から実施する考えを明かした。

中国の国慶節(建国記念日)期間には、毎年、中国本土から大勢の観光客が台湾を訪れていたが、独立志向の強い民進党政権が誕生したこともあり、今年は例年に比べて本土からの観光客は約6割も減少した。こうした中、目をつけたのが日本人観光客だ。

今年は、相互に訪問する観光客の総数が600万人に達すると推計されている。観光局の周永暉(ジョン・ヨンフイ)局長は訪台日本人の数を160万人から200万人に引き上げる目標を掲げており、先日にも静岡や三重などの地方都市も訪問して台湾旅行をPRするなど、精力的に活動している。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)