訪日韓国人、今度はさび抜きすしを「新たなテロ」と問題視=韓国ネット「日本人は心が狭いな」「来ないでくれという店の説明を理解できない韓国人」

訪日韓国人、今度はさび抜きすしを「新たなテロ」と問題視=韓国ネット「日本人は心が狭いな」「来ないでくれという店の説明を理解できない韓国人」

11日、大阪のすし店によるいわゆる「わさびテロ」事件が韓国で大きな問題となっていたが、今度は韓国人にさび抜きのすしが出されているとの「告発」が韓国のインターネット掲示板に寄せられ波紋を呼んでいる。写真はすし。

2016年10月11日、大阪のすし店が韓国人など外国人観光客に大量のわさびを入れたすしを提供していた事件が「わさびテロ」として韓国で大きな問題となっていたが、今度は韓国人にさび抜きのすしが出されているとの「告発」が韓国のインターネット掲示板に寄せられ波紋を呼んでいる。

韓国・ノーカットニュースなどの報道によると、11日午前、韓国のネット掲示板に、「わさびテロ」事件発覚後に問題の店を訪問したとみられる韓国人の「店の近況報告」が掲載された。書き込みには「韓国人だと最初からわさびを入れてくれない」「わさびを入れてほしいと言うと『おまえたちが入れるなと言ったんだろう?』といった反応だった」などとある。

また、テレビ朝鮮は書き込みを受け、リポーターが店を直接訪問。「わさびは少しだけにしてください」と注文したはずが、出てきたすしのネタを裏返してみるとわさびが入っていなかった、との経緯を伝えた。

先の書き込みには「これ見よがしにわさびを入れていないんだね」「これももう一つのテロだ」「幼稚であきれる」など、店の対応を問題視する声が他のネットユーザーから数多く寄せられ、報道には次のようなコメントが寄せられた。

「あれだけやられておいてなぜまたその店に行ったの?しかもわさびなしのすしを出されたとわざわざ書き込むなんて、だから日本人になめられるんだよ」
「そんなすしなんて食べなきゃいいのに、プライドのない民族だと宣伝して歩いてるのか?」

「韓国人には得意なことがあるじゃないか。そのすし店の前に格安すし店を2、3作ってやれ」
「『わさびテロ』のニュースが出て日本の人たちもこの店を『不買』しているというのに、韓国人がぞろぞろ押し掛けてるのはどういうことなんだ?」
「もう来ないでくれと店が丁寧に説明してるのに、いまだにそれを理解できない韓国人」

「ネットを見ないで行っちゃったのかな?僕はだいたい店は本で探すよ」
「なぜ客の国籍によって作り方を変えるんだろう?時間の無駄だと思うけど?」
「日本人は心が狭いな」(翻訳・編集/吉金)

関連記事(外部サイト)