16年7〜9月期の世界PC出荷、3.9%減=中国レノボ首位、米アップル大きく減少―中国メディア

16年7〜9月期の世界PC出荷、3.9%減=中国レノボ首位、米アップル大きく減少―中国メディア

12日、世界全体でパソコン(PC)の出荷台数が減少傾向にあるなか、16年7〜9月期のPC出荷台数で、中国レノボがメーカー別シェアで首位を維持した一方で、米アップルは前年同期比で約13%減少した。写真はレノボのPC。

2016年10月12日、世界全体でパソコン(PC)の出荷台数が減少傾向にあるなか、16年7〜9月期のPC出荷台数で、中国レノボがメーカー別シェアで首位を維持した一方で、米アップルは前年同期比で約13%減少した。環球網が伝えた。

米調査会社IDCによると、16年7〜9月期の世界PC出荷台数は前年同期比3.9%減の約6800万台となった。

メーカー別では、中国レノボ(Lenovo)が約1450万台、シェア21.3%で首位を維持したが、前年同期比では3.2%減少した。2位の米ヒューレット・パッカード(HP)が前年同期比3.3%増の約1440万台、シェア21.3%とレノボに肉薄した。

米アップル(Apple)は約501万台で4位。前年同期の576万台から約13%減少し、3位の米デル(Dell)、5位の台湾エイスース(ASUS)も含めた上位5社で減少幅が最も大きかった。アップルの出荷台数が減っている理由は、新製品投入前の買い控えによるものとみられる。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)