フィリピンでまた韓国人殺害事件、男女3人の遺体見つかる―中国メディア

フィリピンでまた韓国人殺害事件、男女3人の遺体見つかる―中国メディア

13日、フィリピン・サンフェルナンド市で見つかった男女3人の遺体について、韓国外交部の関係者は「現段階でこのうちの2人を韓国人と判断、残る1人も韓国人と推定される」と説明した。写真はフィリピン地図。

2016年10月13日、フィリピンのルソン島に位置するサンフェルナンド市(ラウニオン州)で見つかった男女3人の遺体について、韓国外交部の関係者は「現段階でこのうちの2人を韓国人と判断、残る1人も韓国人と推定される」と説明した。環球網が伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、11日に発見された遺体は男性2人、女性1人で、遺体には銃で襲われた傷跡が残されていた。手足を縛られたり、手にガムテープを巻かれたような跡がある遺体もあり、フィリピンの韓国大使館関係者は12日午後に現地に赴き、警察から説明を受けたという。

フィリピンでは2012年から15年までに計39人の韓国人が殺害されており、今年もすでに3人が犠牲となっている。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)