だから日本人は恐ろしい!学校給食に見る日本の特長=中国ネット「恐ろしいというだけで誰も学ぼうとしない。これでは永遠に日本を恐れるだけ」

だから日本人は恐ろしい!学校給食に見る日本の特長=中国ネット「恐ろしいというだけで誰も学ぼうとしない。これでは永遠に日本を恐れるだけ」

12日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の学校給食について紹介する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2016年10月12日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の学校給食について紹介する記事を掲載した。

記事は、日本の学校では給食を食べる前に「いただきます」と感謝を述べてから食べ始めること、給食製造者は毎月検便をすること、栄養士が子供の栄養バランスを考慮して献立を決めていて牛乳が必ず付くこと、おかずの組み合わせもよく考えられていて調理室は非常に清潔であること、子供たち自身で配膳をすることなどを写真で紹介した。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「食品衛生だけで日本は中国のずっと先を行っている」
「日本の衛生は言うまでもない。中国はよく学ぶべき」

「中国はスローガンを叫ぶだけ、日本はきちんと実行する」
「中国の山奥の子供たちは、お腹いっぱい食べられるだけで幸せなこと」

「中国の学校の食堂が出すものはブタの飼料のよう」
「中国の牛乳なんて飲む勇気ないよ。どんな添加物が入っているか分からない」

「中国の食堂は金もうけの手段だからな」
「日本が恐ろしいというだけで誰も学ぼうとしない。これでは永遠に日本を恐れるだけだ」

「資本主義は人間性に欠ける!あんなに衛生的なものを食べていたら劣悪な環境に耐えられなくなるじゃないか。わが国を見ろ、小さい時から変なものを食べさせられて、どんな環境でも適応できるようになっている」(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)