<南シナ海>中国人の人工島は軍事目的、米諜報機関が解明―米メディア

【中国の南シナ海問題】中国の人工島は軍事目的と米国防総省がリポートで明言

記事まとめ

  • 中国は南シナ海で人工島造成を進めているが、観光など商業目的だと主張している
  • 米諜報機関の局長は人工島について「偽装された軍事施設」と発言したそう
  • 米国防総省が作成した中国軍に対するリポートでは「人工島は軍事目的」と明言している

<南シナ海>中国人の人工島は軍事目的、米諜報機関が解明―米メディア

<南シナ海>中国人の人工島は軍事目的、米諜報機関が解明―米メディア

14日、中国は南シナ海で人工島造成を進めているが、観光など商業目的だと主張してきた。しかし実際には軍事目的であることを米諜報機関が突き止めたという。資料写真。

2016年10月14日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版サイトは、中国の人工島は軍事目的だと伝えた。

中国は南シナ海で人工島造成を進めているが、観光など商業目的だと主張してきた。しかし実際には軍事目的であることを米諜報機関が突き止めたという。タイ・バンコクに本部を置くアジアタイムズが11日に報じた。報道によると、米諜報機関「米国家地球空間情報局(NGA)」のロバート・カルディロ局長は先日、米議会公聴会に出席し、衛星写真及び航空写真の分析によって、偽装された軍事施設であることが明らかになったと発言している。

また同紙の報道によると、米国防総省が作成した中国軍に対するリポートでは、南シナ海の人工島は軍事目的であり、「低強度圧迫」であると明言。同海域における中国の軍事的優位を確保する目的だと分析した。(翻訳・編集/増田聡太郎)

関連記事(外部サイト)