「日本のカップ麺に革命が起きた!」と韓国ネットで話題に=「馬鹿げてるけど、これが日本の力」「韓国にも早く導入してくれ」

「日本のカップ麺に革命が起きた!」と韓国ネットで話題に=「馬鹿げてるけど、これが日本の力」「韓国にも早く導入してくれ」

12日、スーパーのカップ麺コーナーに行くと、どれにしようか悩む人も少なくないと思うが、このほど韓国のインターネット掲示板に「日本のカップラーメン革命」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーから鋭いコメントが寄せられている。写真はラ王。

2016年10月12日、スーパーのカップ麺コーナーに行くと、どれにしようか悩む人も少なくないと思うが、このほど韓国のインターネット掲示板に「日本のカップラーメン革命」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーから鋭いコメントが寄せられている。

スレッド主は日清食品のカップ麺「日清ラ王」と自分のスマートフォンが写った写真を掲載しているのだが、この「ラ王」は専用のアプリでカップ麺のパッケージを撮影すると、美少女キャラクターがスマートフォンの画面に登場するという仕掛けがあるようだ。これは同社がラ王シリーズの新発売に合わせて行っている「お湯5分、食べる3分 マジで恋する8分間」のキャンペーンだ。

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「いいアイデア」
「全く意味ないところに技術力を使ってる(笑)」
「ホント、ある意味すごい国だと思う」

「これって必要?」
「二次元に執着するなんて、現実の女性に魅力がないのかな」
「日本が没落するとしたら、原因の1つにこういうもの(=アニメ)が挙げられるかもな」

「馬鹿げてるけど、これが日本の力。韓国人は決して日本人に後れをとってはいないけど、発想自体は絶対に追いつけない」
「韓国にも早く導入してほしい」
「韓国なら(アニメじゃなくて)アイドルだろうね」(翻訳・編集/松村)

関連記事(外部サイト)