韓国大統領の諮問機関が在韓米軍の戦術核再配備を提言も、政府は否定―仏メディア

韓国大統領の諮問機関が在韓米軍の戦術核再配備を提言も、政府は否定―仏メディア

15日、韓国大統領の諮問機関がこのほど、在韓米軍の戦術核再配備を提言した。写真は韓国の国会議事堂。

2016年10月15日、RFI中国語版サイトによると、韓国政府が在韓米軍の核再配備を否定した。

先日、韓国大統領の諮問機関である民主平和統一諮問会議が在韓米軍の戦術核再配備を提言していたことが明らかになった。1991年の朝鮮半島非核化共同宣言で、韓国と北朝鮮は核開発・配備・使用を放棄することを約束し、在韓米軍は戦術核の配備を取り消した。北朝鮮が核開発を進める中、韓国も対抗するべきとの提言だ。

14日、韓国外交部報道官は定例記者会見で、朝鮮半島非核化という目標を堅持することを改めて表明し、在韓米軍の核再配備はないと言明した。(翻訳・編集/増田聡太郎)

関連記事(外部サイト)