中国の大気汚染対策に人民解放軍が介入 PM2.5へ新兵器の開発を発表

記事まとめ

  • 中国のPM2.5による大気汚染対策に、人民解放軍防化学院が新兵器を開発するという
  • 軍が「全国大気品質高精度予報・汚染コントロール決定支持システム」(NARS)を発表
  • ピンポイントで汚染源を封鎖し、コストも安く済むというメリットもあるそうだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております