韓国に報復?中国に輸出の韓国製品、不合格品が激増=韓国紙は「THAADの不満をぶつけている」と報じる

韓国に報復?中国に輸出の韓国製品、不合格品が激増=韓国紙は「THAADの不満をぶつけている」と報じる

17日、中国の検査で不合格になった韓国製の食品や化粧品が8月に急増し、韓国では「中国の報復」との報道も見られている。写真は韓国の化粧品店。

2016年10月17日、中国の検査で不合格になった韓国製の食品や化粧品が8月に急増し、韓国では「中国の報復」との報道も見られている。環球網が伝えた。

報道によると、基準に合わなかった韓国の化粧品と食品は8月に61種類まで増加し、7月の5種類から実に12倍の激増となった。不合格品のうち、韓国製ののりが最も多く、28種類だった。不合格品の急増に韓国・朝鮮日報は、「中国は韓国製の化粧品や食品に高高度防衛ミサイル(THAAD)の不満をぶつけている」と報じた。

一方で、韓国国際貿易協会北京支部は「中国はのりの細菌に厳しい基準を設けているが、輸出企業の中には中国側の基準を把握していないものもおり、結果的に不合格品が続出した」と述べている。このほか、中国は今年12月に化粧品の重金属含有量の検査基準を引き上げ、中国人に人気がある韓国製の粉ミルクに対しては中国に輸出できるブランド数を制限する規定を実施するという。(翻訳・編集/内山)

関連記事(外部サイト)