「君の名は。」が台湾でも人気!3日間の先行上映は大盛況、1日に2回見るファンも―台湾メディア

「君の名は。」が台湾でも人気!3日間の先行上映は大盛況、1日に2回見るファンも―台湾メディア

17日、メガヒットが話題のアニメ映画「君の名は。」の先行上映が3日間にわたって台湾で行われ、座席占有率は毎回ほぼ100%と異例の人気となった。

2016年10月17日、メガヒットが話題のアニメ映画「君の名は。」の先行上映が3日間にわたって台湾で行われ、座席占有率は毎回ほぼ100%と異例の人気となった。NOWnewsが伝えた。

日本で興行収入が150億円を突破した話題作「君の名は。」は14〜16日の3日間、台湾で先行上映が行われた。映画館には長蛇の列ができ、座席占有率はほぼ100%、最前列までびっしり埋まるほどの人気ぶり。3日間の興行収入は1350万台湾ドル(約4400万円)に上った。

先行上映に足を運んだのは、日本でのメガヒットの情報を敏感にキャッチした10〜30代の若者が中心。映画に描かれる世界観も、若者世代を引きつける要因となっている。先行上映にやって来た人の中には、見終わった後に再び列に並び、2回目の鑑賞をする人の姿も多く見られた。

「君の名は。」は台湾で今月21日から一般上映される。中国でも公開が決定し、年内にも上映予定となっている。(翻訳・編集/Mathilda)

関連記事(外部サイト)