スモッグで注目浴びた「北京の空気」を1個380円で売ってみた!意外にも愛用者が…―中国

スモッグで注目浴びた「北京の空気」を1個380円で売ってみた!意外にも愛用者が…―中国

18日、中国北京在住の英国人男性がひどいスモッグで話題となった「北京の空気」を1缶380円で販売している。

2016年10月18日、参考消息網によると、中国北京在住の英国人男性が「北京の空気」を1缶25元(約380円)ほどで販売している。

「ひどいスモッグ」などと話題になった北京の空気だが、滞在歴22年になる男性はここにもビジネスチャンスがあると考え、缶に入れて売ることを思い付いた。商品には街の景観と「窒息の危険あり」という警告文を印刷しているが、実際に生産しているのは南方の広東省深セン市。大手ショッピングサイト・淘宝網(タオバオ)で毎日100個余りが売れており、購入者の男性は「北京が恋しくなったら缶を開けて臭いをかいでみる。北京を愛しているし、空気だってきれいになってきている」と話している。(翻訳・編集/野谷)

関連記事(外部サイト)