韓国の映画監督が、慰安婦として50万人が連行され、生きて帰った少女は2〜3万人と発言

記事まとめ

  • 慰安婦を描いた韓国映画『鬼郷』の趙監督が韓国のバラエティー番組に出演した
  • 趙監督は、慰安婦として50万人が連行され、生きて帰った少女は2〜3万人と発言した
  • これに対し、韓国のネット上で「被害者は20万人じゃなかった?」などの声が出ている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております