「封鎖管理」期間中に外出しランニング、SNSの愛好家グループで自慢した男に行政処罰―中国

「封鎖管理」期間中に外出しランニング、SNSの愛好家グループで自慢した男に行政処罰―中国

中国・上海市でこのほど、職場の「封鎖管理」期間中に防疫規定に違反して職場から無断で外出してランニングし、SNSの長距離走愛好家グループで自慢した男が、地元警察から行政処罰を受けた。

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、先月28日からロックダウン(都市封鎖)措置が導入されている中国・上海市でこのほど、職場の「封鎖管理」期間中に防疫規定に違反して職場から無断で外出してランニングし、SNSの長距離走愛好家グループで自慢した男が、地元警察から行政処罰を受けた。

中国のニュースサイトの澎湃新聞が6日付で伝えたところによると、男は長距離走愛好家で、朝にランニングをする習慣があった。2日午前5時50分ごろ、新型コロナ対策で外出が禁じられていることを知りながら、外出してランニングし、その途中に自撮りをして、走った軌跡と自撮り写真をSNSの長距離走愛好家グループに投稿するなどした。

投稿を見た人から通報があり、警察が男を特定した。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)