習主席 フィリピン大統領と電話会談

習主席 フィリピン大統領と電話会談

習近平国家主席は8日午後、フィリピンのドゥテルテ大統領と電話会談を行いました。

習近平国家主席は8日午後、フィリピンのドゥテルテ大統領と電話会談を行いました。

習主席は会談で、「中国とフィリピンの全面的戦略パートナーシップの樹立以来、両国は『一帯一路』イニシアティブの共同建設に取り組み、インフラ建設などの大型協力プロジェクトを推進し、二国間貿易額の倍増を実現した」と両国関係を高く評価したうえで、両国の感染症対策や南海問題での適切な対応、地域産業チェーンの安定維持などにおける協力を称賛しました。

習主席はまた、「現在の国際情勢は、地域の安全保障が軍事同盟の強化では達成できないことを改めて証明した。中国はフィリピンおよび地域諸国と協力して、共同・総合・協力・持続可能な安全保障理念を堅持し、地域の安全保障の主導権を自らの手にしっかりと握り、平和と安全をともに守り、人類運命共同体の構築を推進していきたい」と呼びかけました。

これに対し、ドゥテルテ大統領は、「フィリピン国民は中国との協力の恩恵を肌で感じている」と述べ、感染症対策やコロナワクチンの提供、台風被害からの再建における中国側の援助に感謝の意を伝えました。さらに、「中国はフィリピン国民にとって真の友人であり、頼りになる友人だ」と強調し、「中国から貧困脱却の経験を学び、感染症対策や経済貿易、インフラ施設、観光、教育など諸分野での協力拡大を望んでいる。中国企業のフィリピンへの投資と協力を歓迎する」と期待を示しました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)