【CRI時評】激動する世界で北京冬季五輪の精神がより貴重に

【CRI時評】激動する世界で北京冬季五輪の精神がより貴重に

習近平主席は8日、北京冬季オリンピック・ラリンピック総括表彰式で重要談話を発表し、中国が国際社会に対する厳かな約束を全面的に果たし、シンプルで安全で素晴らしいオリンピック大会を世界に捧げたと宣言した。

中国の習近平国家主席は8日、北京冬季オリンピック・ラリンピック総括表彰式で重要談話を発表し、中国が国際社会に対する厳かな約束を全面的に果たし、シンプルで安全で素晴らしいオリンピック大会を世界に捧げたと宣言した。

「順調に開催できたこと即ち成功である。」コロナ禍発生以降、初の予定通りの開催となった世界規模の総合スポーツイベントである北京冬季オリンピック・パラリンピックでは、大会の準備・競技開催の過程で選手や国際社会から肯定的な評価を得、さらには全世界で数十億の人が試合を観戦したことから最高視聴率を記録し、オリンピック史に永遠に残る奇跡をつくり上げ、コロナ禍に悩まされているすべての人に自信と力を与えた。

このような奇跡をいかにして起こしたのか。習主席が総括した「大局を念頭に置き、自信を持ちオープンな姿勢で、困難に立ち向かい、卓越を追求し、共に未来を創る」という北京冬季オリンピックの精神は、非常に重要な成功のカギだ。

北京冬季オリンピック・冬季パラリンピック開催期間中、クローズド・ループ内の陽性者の割合はわずか0.45%であり、陽性者全員が効果的な治療と十分なケアが受けられ、クラスターや感染のオーバーフローの発生はなく、都市は「ゼロコロナ」を保った。試合での的確で効果的なコロナ対策は、世界各国のコロナ対策や国際的な重要イベントの開催に有益な経験をもたらし、中国人の不撓(ふとう)不屈の精神で困難を克服し、リスクに打ち勝ったことを示した。

北京冬季五輪・冬季パラリンピックを通じて、世界はまた、開放的・包摂的で、卓越を追求する中国の姿も目にした。中華文化や独創性・芸術性が反映された冬季オリンピックの競技場や「円融和合(和合を目標にして、両者の衝突を回避し、良好な関係を保つ)」など中国の理念が反映された開閉会式、オリンピック村で選手らに人気のあった中国料理、中国カンフー、ボランティアの温かい笑顔に至るまで、「二つのオリンピック(2008年の夏季オリンピックと今年2月の冬季オリンピック)」は中華文化の魅力と中国人民の親切で温かいもてなしを十分に示し、世界の人々との相互理解と友情を促進した。

成功裏に開催された北京冬季パラリンピックは、中国の人権理念と成果を示す窓口となり、障がい者の権利・利益を尊重・保障する中国の成果を反映しているのは特筆すべきことだ。国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長は「北京2022年冬季パラリンピックは冬季パラリンピックの新たな光明を示した」と評価した。

さらに重要なことは、激動する世界で、北京冬季オリンピックの精神は世界文明の相互参照を推進し、団結と友情の種をまき、各国の人々が「共に未来に向かう」ことを推進していることだ。現在、コロナ禍は依然として複雑で厳しく、国際情勢に新たな大きな変化が生じている。「二つのオリンピック」及び北京冬季オリンピックの精神が世界にもたらした自信と力は、ますます貴重なものとなっている。(CRI論説員)

関連記事(外部サイト)