中国ドラマ、2022年第一期の「有効再生回数」ランキング! シャオ・ジャン主演の2作品も

中国ドラマ、2022年第一期の「有効再生回数」ランキング! シャオ・ジャン主演の2作品も

台湾のエンタメ・美容サイト「BEAUTY」は7日、中国ドラマの2022年第一期「有効再生回数」トップ9を紹介した。

台湾のエンタメ・美容サイト「BEAUTY」は7日、中国ドラマの2022年第一期「有効再生回数」トップ9を紹介した。

記事によると、ランキングは中国のデータサービス会社・雲合数据(データ)が発表したもので、「有効再生回数」とは、有効なクリック回数や視聴時間などから判断し「ドラマの市場におけるパフォーマンスと人気を現実的に反映するもの」を指している。

9位には8億1800万回再生で「余生、請多指教」がランクイン。本作は人気俳優のシャオ・ジャン(肖戦)演じる医者の青年とヤン・ズー(楊紫)演じるヒロインの恋愛模様を中心とした現代ドラマで、単純な再生回数なら34億回を超えるというデータもある。

続いて、8位には8億6100万回再生でリウ・タオ(劉涛)、チェン・フー(陳赫)らが主演した正月コメディードラマ「假日暖洋洋2」が、7位には9億100万回再生でリー・イーフォン(李易峰)とチェン・ユーチー(陳トh)が共演したファンタジー時代劇「鏡・双城」がランクインした。また、バイ・ジンティエン(白敬亭)とチャオ・ジンマイ(趙今麦)が主演を務めるミステリードラマ「開端(RESET)」が9億6900万回再生で6位に入った。

5位は、シャオ・ジャンとホアン・ジンユー(黄景瑜)が共演する軍事ドラマ「王碑部隊」で10億9800万回再生。同作は1980年代を舞台に、軍に入隊した新兵たちの成長を描いた物語で、7月には日本でも放送されることが決定している。4位には、11億4600万回再生でチュー・ヤーウェン(朱亜文)主演の現代ドラマ「頼猫的獅子倒影」が入った。同作は無職で遊び人の主人公が女性社長と結婚し、愛を育んでいく物語を描いている。

3位にはアイドルグループ出身の俳優タン・ジェンツー(檀健次)が主演を務めるサスペンスドラマ「猟罪図鑑」が11億9700万回再生でランクイン。天才的な似顔絵画家としての才能を持つ主人公が、警官に「似顔絵捜査」の協力を求められるところから物語が始まる。2位には18億400万回再生でチャン・シャオチェン(張暁晨)主演の武侠ドラマ「雪中悍刀行」が入った。

そして1位は、中国で記録的なヒット作となった「人世間」で有効再生回数は34億8600万回だった。同作はある一族の3世代の人々の視点から人生の起伏を描いた作品で、レイ・ジャーイン(雷佳音)、ソン・ジア(宋佳)らが出演している。(翻訳・編集/刀禰)

関連記事(外部サイト)