日本の入学式がうらやましい? 台湾ネットで賛否「励みになる」「社畜への第一歩」

日本の入学式がうらやましい? 台湾ネットで賛否「励みになる」「社畜への第一歩」

台湾のネット掲示板・PTT上で、「日本の入学式をうらやましいと思うか?」という話題が書き込まれ、さまざまな意見が寄せられた。

台湾のネット掲示板・PTT上で、「日本の入学式をうらやましいと思うか?」という話題が書き込まれ、さまざまな意見が寄せられた。台湾メディアの聯合新聞網が5日付で伝えた。

記事によると、あるユーザーがPTT上に、「日本の始業の季節は4月で桜の季節だ。ここ数日、日本の大学では次々と入学式が行われている」と紹介した。続けて、「日本の大学の入学式では、新入生はみんなスーツを着る。男性は白いワイシャツに黒いジャケットを羽織り、女性は黒いスーツを着る。男性はかっこよくて、女性は美しい。とても厳かで儀式感があり、新入生はスーツを着て上品に参加し、ある意味、大人になったように感じる。彼らが入学式の横断幕の前で撮った集合写真を見てとても感動したよ。(新入生たちが)本当に人生の新しいステージに立ったような感じがする」とした。

一方で、「これに比べて台湾の大学の始業式は、ほとんど誰もスーツを着て出席せず、とてもカジュアルな感じだ。新入生もたいてい騒がしくて秩序もなく、カオスな状態で儀式感はない。参加者の多くは式典そのものに対しては何の興味もなく、参加してもしなくてもどっちでもよいとさえ感じさせる」と述べ、「みんなはこういう日本人の儀式感をうらやましいと思う?」と問いかけた。

記事は、「多くのネットユーザーたちはうらやましいとは言わなかった」とし、「私は儀式に興味がない。式典に関してはお偉いさんの話をもう少し短くしてほしいと思うだけで、他には何も思わない」「他人を見て儀式感をうらやましく思っても、台湾がそうなったらきっと嫌気が差すだろう」「これは社畜への第一歩だ。何を専攻するかの方が服装よりずっと重要だ」「儀式感が好きなら軍隊に入ったらいいよ。水を飲むにも先に宣言してからじゃないといけないけどね」「文化が違うよ」などのコメントを取り上げた。

一方、「日本のやり方が好きなユーザーもいる」として、「はい、儀式感がとても好きです」「私はとても日本の文化が好き。物事にとても真面目に取り組んでいる感じがするし、そういう態度が好きだ。こんな儀式感は励みにもなるよね」「本当にかっこいい。18歳でもスーツを着たらもう成人したみたいに思えるね」といったコメントを紹介した。(翻訳・編集/刀禰)

関連記事(外部サイト)