韓国インスタント麺の品質保持期限が物議、韓国では「6カ月」なのに中国では「1年」―中国メディア

韓国インスタント麺の品質保持期限が物議、韓国では「6カ月」なのに中国では「1年」―中国メディア

9日、紅星新聞は、韓国メーカー製インスタント麺の品質保持期限について、中国語では1年となっているのに対し韓国語では6カ月となっていることが物議を醸していると報じた。

2022年4月9日、中国メディアの紅星新聞は、韓国メーカー製インスタント麺の品質保持期限について、中国語では1年となっているのに対し韓国語では6カ月となっていることが物議を醸していると報じた。

記事によると、中国で人気の高い韓国・サムヤン製のインスタント麺「プルダック麺」について、あるネットユーザーが「中国での品質保持期限が1年なのに対し、韓国では6カ月になっている」ことを発見。サムヤンのウェブサイトを確認したところ、韓国語による同商品の説明では品質保持期限が「6カ月」となっているのに対し、中国語や英語の説明では「1年」になっていたという。

中国のEC大手・天猫に出店しているサムヤン旗艦店のカスタマーサービスに問い合わせたところ、「製品は韓国で製造され、中国の法規に基づき中国語の包装を印刷している」との回答が得られたという。また、インスタント麺の品質問題について中国の業界関係者2人に尋ねたところ、いずれも「6カ月を超えると品質を保つことが難しくなるため、流通している製品の品質保持期限はおおむね6カ月に設定されている」との回答があったとのこと。

記事は、品質保持期限を決定する要素として酸化値を挙げ、山東省青島市の検査会社による測定結果で、サムヤンが中国で販売している出荷から約10カ月が経過した3種類のインスタント麺の酸化値が、中国の食品安全国家基準である100グラム当たり0.25グラムをいずれも満たしていたと紹介。北京大学の専門家による「酸化値の国家基準を超えると、製品に変質が生じたことを意味する」という説明を紹介した。

そして、同じ製品であるにもかかわらず国によって品質保持期限が2倍も異なることについて、サムヤングループの上海事務所に連絡を試みたものの連絡先が実在せず、同グループのウェブサイトにあるメールアドレスに問い合わせたが「返答はない」と伝えている。

この件について、中国のネットユーザーは「外国人は中国人に質の悪いものを食べさせ、中国人も中国人に質の悪いものを食べさせる。中国人が健康を保つのは本当に難しい」「韓国の製品はいつ中国市場から出ていくのか」といったコメントを残している。一方で「国の基準をもっと厳しくすべきなのでは?」など、品質保持期限の「タブルスタンダード」を生む原因の一つが中国国内の基準や規制が緩いことにあると指摘するユーザーも複数見られた。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)