武磊が途中出場で決勝ゴール、エスパニョールで通算16点目=欧州でプレーする他の中国選手は?

武磊が途中出場で決勝ゴール、エスパニョールで通算16点目=欧州でプレーする他の中国選手は?

サッカーのスペイン1部リーグ第31節で、エスパニョールのFW武磊は10日にホームで行われたセルタ戦で後半から出場し、終了間際の89分に決勝ゴールを決め、チームは1-0で勝った。

サッカーのスペイン1部リーグ第31節で、エスパニョールのFW武磊(ウー・レイ、30)は10日にホームで行われたセルタ戦で後半から出場し、終了間際の89分に決勝ゴールを決め、チームは1-0で勝った。

中国代表でもエースとして活躍する武磊は、2018年に中国1部リーグで得点王と最優秀選手に輝き、19年1月に上海上港からエスパニョールに移籍した。

中国のスポーツメディア、新浪体育が11日付で伝えたところによると、この日のゴールはエスパニョール加入後16点目(通算119試合出場)となる。

中国紙・環球時報は12日、「武磊の決勝ゴールは低迷する中国サッカー界にとって良いニュース」とした上で、武磊の他に欧州でプレーする中国選手について伝えている。

それによると、今年1月にポルトガル1部ヴィゼラに移籍したFW郭田雨(グゥオ・ティエンユー、23)は10日のブラガ戦で途中出場し、新天地デビューを飾った。

昨年12月にスイス1部のグラスホッパーに移籍したDF李磊(リー・レイ、29)は先月、練習中のけがで4週間の離脱を余儀なくされた。離脱前は3試合に出場している。

今冬にグラスホッパーに移籍したFW賈博?(ジア・ボーイエン、18)はクロアチア下部リーグのクラブにレンタルされてこれまでのところ未出場。

同じく18歳のGK劉邵子洋(リウシャオ・ズーヤン)は昨年12月にドイツ1部の名門バイエルン・ミュンヘンと契約し、オーストリア1部のクラーゲンフルトにレンタルされた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)