「2022年期待のドラマ」にシャオ・ジャン主演「玉骨遥」など、政府系メディア発表に高まる期待

「2022年期待のドラマ」にシャオ・ジャン主演「玉骨遥」など、政府系メディア発表に高まる期待

中国の政府系メディアがこのほど発表した「2022年期待のドラマ作品」に、シャオ・ジャンが主演する「玉骨遥」が含まれていたことで、ファンの間で配信への期待が高まっている。

中国の政府系メディア・中国新聞網がこのほど発表した「2022年期待のドラマ作品」に、シャオ・ジャン(肖戦)とレン・ミン(任敏)が主演する「玉骨遥」が含まれていたことで、ファンの間で配信への期待が高まっている。

同作はシャオ・ジャンが主人公の皇子・時影を、レン・ミン(任敏)がヒロインの朱顔を演じるファンタジー時代劇ドラマ。2021年8月にすでにクランクアップを迎えており、最近では「一次審査がすでに終わっている」「夏にも配信開始か」との情報が流れていた。

クランプアップ後、たびたび配信が期待されるドラマに名を連ねていた同作。もちろん公式発表ではないが、政府系メディアが「期待」するドラマに挙げたことで、配信に向けファンらの期待値もさらに上昇している。

なお、中国新聞網の「2022年期待のドラマ作品」では「玉骨遥」のほか、楊洋(ヤン・ヤン)と趙露思(チャオ・ルースー)主演の時代劇「且試天下」や、シュー・カイ(許凱)とヤン・ミー(楊冪)主演の「愛的二八定律」、リウ・イーフェイ(劉亦菲)とチェン・シャオ(陳暁)主演の時代劇「夢華録」などが挙げられている。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)