羽生結弦が「春よ、来い」に込めた思いをIOC公式が紹介=「生きてて良かった」「あなたは永遠の光」

羽生結弦が「春よ、来い」に込めた思いをIOC公式が紹介=「生きてて良かった」「あなたは永遠の光」

国際オリンピック委員会(IOC)がSNSでフィギュアスケートの羽生結弦の言葉をツイートし、大反響が寄せられている。

国際オリンピック委員会(IOC)がSNSでフィギュアスケートの羽生結弦の言葉をツイートし、大反響が寄せられている。

IOCの微博(ウェイボー)公式アカウントは11日、羽生結弦が北京五輪のエキシビション「春よ、来い」の演技について語った次のような言葉を紹介した。

「苦しいことって、僕らアスリートだけじゃなくて、きっと世の中のどうしようもないつらさとか、逃げられないことがたくさんあると思うんですけど、そういう方々にちょっとした時間でもいいから、幸せな時間が届いてほしいなと思って滑りました」

IOCはこの言葉と共に、羽生のエキシビション「春よ、来い」のハイライト映像も掲載した。

この映像に、中国のファンからは「彼を好きでいるだけで幸せ。好きでいるだけで彼から大きなエネルギーをもらえる」「彼が現役でいてくれることに感謝。春よ、来い」「彼というアスリートを知ることができた北京オリンピックに感謝してます」「『ちょっとした時間』じゃないよ。この時間は永遠。私たちに生きていて良かったと思わせてくれるんだよ」「彼と同じ時代を生きられるってなんて素晴らしいんだろう」といった声が上がった。

また、「『春よ、来い』は私たちに希望を見せてくれるプログラム。これからもたくさん羽生くんのスケートを見たい。どんな形であっても」「彼が暗闇で輝きを失ってしまうことはない。なぜなら彼こそが光だから」「彼が心を込めて表現した『春よ、来い』に心から感動した。彼が一番美しい春の光へと導いてくれた。ありがとう。あなたは私の心の中の永遠に消えない光です」「彼の演技からは楽しさだけではなく、つらさや悲しさもあり、考えさせられることもある。これがまさに芸術。そして彼の人生は熱血漫画のよう。彼のことが好きな人であればみんな励まされる。結弦、私たちはみんなあなたを想っています」といった声が寄せられた。

なお、同日には羽生が今年のアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」の全日程に出演することが発表され、こちらも大きな話題になっている。(翻訳・編集/北田)

関連記事(外部サイト)