「日本人はiPhoneに夢中でサムスンを買わない」と嘆く韓国メディア=ネットは「反省しよう」

「日本人はiPhoneに夢中でサムスンを買わない」と嘆く韓国メディア=ネットは「反省しよう」

9日、韓国・ヘラルド経済は「日本人の『iPhone愛』は大変なもので、アップルの影響力が拡大している一方、サムスン電子は日本で冷遇を受けている」と伝えた。

2022年4月9日、韓国・ヘラルド経済は「日本人の『iPhone愛』は大変なもので、アップルの影響力が拡大している一方、サムスン電子は日本で冷遇を受けている」と伝えた。

記事によると、日本の市場調査機関が主要家電量販店、ネットショップなどを対象に「iPhone SE3(第3世代)」の発売から10日間の販売数を調査したところ、歴代のSEシリーズを上回った。記事は「SE3については外信が『バッテリー容量、カメラ性能、デザインが競合製品に比べ相対的に劣る』『新しいスマートフォンの購入にお金をかけたくない人のための製品』『長い間、安価なiPhoneを待っていたユーザーに失望を与えるモデル』などと評しているが、日本人はiPhoneばかりに夢中で、日本のアップルファンは新製品が出るたびに財布を開く」と伝えている。

一方で、記事は「日本人の韓国製品に対する選好度は極めて低く、スマートフォン世界市場1位のサムスン電子は日本では冷遇されている」とも伝えている。同社は日本でのみ「韓国企業・サムスン」という名前を出さず、「Galaxy」というブランドで製品を販売しているが、これは「韓国製品の不人気を受けてのキャリア側からの要請」だとしている。またMM総研の調べによると、アップルは昨年、日本のスマートフォン市場で圧倒的1位を獲得した。グローバル1位のサムスン電子は日本のシャープにも負けており、シェアも微々たる数字だったという。

この記事に、韓国のネットユーザーからは「日本ではスマホ=iPhoneだからね」「日本人は昔から韓国製品を買わないのに、何を今さら(笑)」「韓国も日本製の携帯電話を買わないじゃん。同じことだよ」「韓国人は無理して日本製品を買わないのではない。韓国製品より品質が劣るから買わないだけ」などのコメントが寄せられている。

また、「それでも韓国人は日本製品に目がないから腹立たしい」「なのにポケモンパンを買おうと大騒ぎしてるんだからあきれる」「トヨタ、ユニクロ、ポケモンパンに熱狂している人たちは反省を」「レクサス、ホンダ、トヨタに乗る連中は反省せよ」「私たちも反省しよう。日本製品は絶対に買うな」など、日本製品不買を呼び掛ける声も多く見られた。(翻訳・編集/麻江)

関連記事(外部サイト)