税務総局 3月全国製造業中小零細企業の納税猶予税額は2567億元

税務総局 3月全国製造業中小零細企業の納税猶予税額は2567億元

今年3月、中国の製造業における中小零細企業に対する納税猶予税額は合計で2567億元に上りました。

中国は昨年第4四半期に、製造業における中小零細企業の税金徴収を猶予する政策を打ち出しましたが、今年2月末にこの政策は継続、グレードアップされました。最新のデータによりますと、今年3月、全国の製造業における中小零細企業に対する納税猶予税額は合計で2567億元(約5兆530億円)に上りました。

昨年第4四半期の納税猶予制度では猶予期間が3カ月と定められましたが、今年2月末、同政策は延長され、昨年第4四半期の税金は今年第3四半期に納めることとしました。また、今年第1、第2四半期の税金徴収もそれぞれ6カ月間延期されました。

税務総局によりますと、今年3月末現在、この納税猶予政策は全国の257万社に及んでおり、ほぼ全ての製造業における中小零細企業の納税申告をカバーしているということです。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)