動画サービス・愛奇芸の「熱度ランキング」、過去3年の人気作品トップ10を公開

動画配信サービス大手・愛奇芸(アイチーイー/ iQiyi)がここ3年間に配信した中国ドラマの中から、ネットでの人気と影響度が高かった作品を示す「熱度ランキング」を公開している。

愛奇芸からは今年も「人世間」や「心居」といった話題作が相次いで誕生しているが、過去3年で最も人気の高い作品に選ばれたのは、昨年配信されたコメディタッチの異色時代劇ドラマ「贅婿〜ムコ殿は天才策士〜」だった。2位には今年1月から配信されたレイ・ジャーイン(雷佳音)主演の「人世間」が早くも登場した。

3位は2019年夏季に配信され、リー・シエン(李現)のブレーク作となった「Go!Go!シンデレラは片想い」で、再生回数は80億回を超えている。4位はチュー・イーロン(朱一龍)主演のサスペンス作品「重?之極海聴雷」で、2部構成のうちシーズン2がランクインしている。

5位は20年に配信された人気シリーズ完結編の「愛情公寓5」、6位はダレン・ワン(王大陸)、シャオ・ジャン(肖戦)らが出演する時代劇「狼殿下」だった。

7位と8位はいずれもホアン・ジンユー(黄景瑜)の主演作が入り、7位の「破冰行動」は19年に配信された人気作。8位の「王牌部隊」は昨年12月末から配信され、共演のシャオ・ジャンの人気も手伝って話題作となった。

9位には時代劇ドラマ「風起洛陽」が登場。「長安二十四時」などで知られる小説家マー・ボーヨン(馬伯庸)氏の「洛陽」を実写化したもので、同じくサスペンス作品。ドラマ・映画の情報サイト・豆瓣(douban)でのユーザー評価は10点中6.3点とやや劣るものの、ホアン・シュエン(黄軒)やワン・イーボー(王一博)ら人気俳優や、映画レベルの画面の精緻さが注目度を引き上げた。

10位には、「如懿伝〜紫禁城に散る宿命の王妃〜」や「30女の思うこと〜上海女子物語〜」で遅咲きのブレークを果たしたトン・ヤオ(童瑤)の好演も光った「心居」が選ばれている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)