「裸足漬物」で物議のインスタント麺が販売再開=中国ネット「絶対買わない」

「裸足漬物」で物議のインスタント麺が販売再開=中国ネット「絶対買わない」

中国で「裸足漬物」を使っているとして物議を醸していた康師傅のインスタント麺「老壇酸菜牛肉麺」の販売が一部の小売店で再開された。

中国で「裸足漬物」を使っているとして物議を醸していた康師傅のインスタント麺「老壇酸菜牛肉麺」の販売が一部の小売店で再開された。雲南省昆明市のメディア・都市時報が12日付で伝えた。

3月15日、中国中央テレビ(CCTV)の特別番組で、湖南省挿旗菜業有限公司の漬物「老壇酸菜」の製造工程で、作業員が裸足で漬物を踏むなどの不衛生な実態が暴露された。

記事によると、番組放送日の夜、昆明地区の多くのスーパーマーケットから康師傅の「老壇酸菜牛肉麺」を含む関連商品が撤去された。

しかし最近、一部のスーパーマーケットの商品棚には「老壇酸菜牛肉麺」が再び並ぶようになった。そこには、嵩明県市場監督管理局が2022年3月23日に発表した「行政提案書」などの文書が添えられているという。

「行政提案書」は、「2022年CCTV消費者権利保護デーの特別番組で暴露された“老壇”酸菜事件を受け、嵩明県市場監督管理局は3月16日、貴社(康師傅)が生産する『老壇酸菜牛肉麺』に使用されている漬物に対し全面的に検査を行った」とし、「CCTVの特別番組で暴露されたことに関連するものは見つからなかった」との結果を報告している。

中国のネットユーザーからは、「食べない」「絶対買わない」「食べられない。考えるだけで吐き気がする」「もう老壇酸菜のインスタント麺は食べたくない。食べてる時に足を思い浮かべちゃうよ」「スキャンダルのあった芸能人は戻ることが許されないのに、なぜ問題のあった食べ物は棚に戻れるの?」などと販売再開に否定的な声が上がった。

また、「(スーパーから)あの時撤去されたインスタント麺は検査対象にしてないんでしょ」と検査へ疑いを持つコメントや、「新たに棚に並んだものは、前に一旦撤去したのをそのまま…だとは思いませんか?」と小売店に不信感を持つコメントも寄せられた。(翻訳・編集/刀禰)

関連記事(外部サイト)