旅客機が着陸態勢に入っても化粧室から出てこない乗客、客室乗務員が強制的にドア開けると…―中国

旅客機が着陸態勢に入っても化粧室から出てこない乗客、客室乗務員が強制的にドア開けると…―中国

中国でこのほど、旅客機が着陸態勢に入っても女性乗客が化粧室から出てこないという騒動があった。客室乗務員が強制的に化粧室のドアを開けると、女性乗客は化粧中だったという。

中国でこのほど、旅客機が着陸態勢に入っても女性乗客が化粧室から出てこないという騒動があった。客室乗務員が強制的に化粧室のドアを開けると、女性乗客は化粧中だったという。

中国メディアによると、騒動があったのは、9日の北京発広州行きの中国東方航空機内。女性乗客は化粧室に入ってから30分以上も出てこず、客室乗務員が出るように促しても聞き入れなかったという。

北京日報は、弁護士の話として、航空機の秩序を乱し、客室乗務員の職責の履行を妨害し、客室乗務員の忠告に従わなかった女性乗客の行為に対し、客室乗務員は「公共航空旅客運輸飛行中安全保衛工作規則」により、女性乗客に対して必要な拘束措置を取ることができると伝えている。

また、「治安管理処罰法」第23条で、航空機の秩序を乱した場合、「警告または200元(約3900円)以下の罰金に処する。情状が比較的重い場合、5日以上10日以下の拘留に処し、500元以下の罰金を併科することができる」と規定されていることや、「社会信用システム」の下で民間航空機への搭乗を1年間制限される可能性があることも伝えている。(翻訳・編集/柳川)

関連記事(外部サイト)