ポケモンパンの人気に続くか?韓国でシール付き「ポケモンスナック」が発売=韓国ネットは冷ややか

ポケモンパンの人気に続くか?韓国でシール付き「ポケモンスナック」が発売=韓国ネットは冷ややか

ポケモンパンの人気が話題を集める中、トイザらスは韓国でステッカー付きの「トイザらスポケモンスナック」を単独発売すると明らかにした。写真はピカチュウ。

2022年4月12日、韓国メディア・毎経エコノミーによると、ポケモンパンの人気が話題を集める中、トイザらスは韓国でステッカー付きの「トイザらスポケモンスナック」を単独発売すると明らかにした。

記事によると、韓国で2月24日に再発売されたポケモンパンは、40日間で約1000万個を売り上げ、現在も品薄状態が続いている。このような人気を受け、ロッテマートとトイザらスでは14日以降、3種類の「ポケモンスナック」を発売するという。

すべての品にはピカチュウをはじめ、ポケモンキャラクターが描かれた四角形のステッカー(全50種類が)が1枚ずつ同封されており、ポケモンパンに入っているステッカーとデザインは異なるが、同じキャラクターとのこと。

トイザらスは2019年からポケモンコリアと正式に契約を結び、国際的な人気コンテンツ「ポケットモンスター」とコラボした「トイザらスポケモンスナック」を単独販売してきた。今回は既存の3種類に加え、新たな3種類を発売することによりラインナップの拡大を目指す方針だという。

トイザらスのキム・ギョングンチーム長は、「今後もポケットモンスターを活用した多様な商品の開発と、ポケモンの玩具などを集めた専門店『ポケモンゾーン』の出店に力を注ぐつもり」と話しているという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「このせいで人気が冷めると思う」「ステッカーだけ売ればいいのに」「どんなに買っても子ども時代には戻れないよ。財布が薄くなるだけ」「ロッテらしいな。いつも他人のまねばかりする」「ロッテ自体が日本企業だから仕方ない」「ユニクロの不買運動をしてた知り合いがポケモンパンは買いあさっている。本当にあり得ない」「ノージャパンはどこへ行った?日本のアニメに洗脳されたの?」など、冷ややかなコメントが相次いでいる。(翻訳・編集/丸山)

関連記事(外部サイト)