日本で健康診断を受けた方がいい4つの理由―中国サイト

日本で健康診断を受けた方がいい4つの理由―中国サイト

1日、中国の旅行サイト・中国旅行新聞網が、日本で健康診断を受けた方がいい4つの理由について分析する記事を掲載した。資料写真。

2018年3月1日、中国の旅行サイト・中国旅行新聞網が、日本で健康診断を受けた方がいい4つの理由について分析する記事を掲載した。

記事は、日本で健康診断を受けた方がいいと言える4つの理由を分析。その1つが「日本の医療レベルが世界的にも高いこと」だ。「日本は医療技術が進んでおり、特に早期の腫瘍発見や、脳、心血管、内分泌、消化管などの専門的な検査で秀でており、動脈硬化や代謝異常を早期に発見することができるうえ、生活習慣についての指導も得ることができる」と伝えた。

2つ目は「極小のがん細胞も発見できること」。「日本はがんの早期発見の面で進んでおり、5ミリ以下のがん細胞でも発見できる」と記事は紹介。「世界的には15ミリ以上のがん細胞を発見するのががん検査の平均レベルであり、中国だと数センチ以上にならないと発見できないため、発見した時には手遅れになる場合が多い」という。

3つ目は「日本は世界的にも有名な観光地であること」。旅行業界が発展している日本で検査を受ければ、ついでに観光を楽しめるとした。

4つ目は「秘密保持」だ。「多くの人は自分の健康が悪いことは秘密にしておきたいものだが、中国ではまだ病院の予約もしていないのに、隣の王さんから張さんへと話が伝わっている状況で、日本旅行へ行くとの名目で検査をすれば、もし問題を発見しても秘密裏に治療できる」とした。(翻訳・編集/山中)

関連記事(外部サイト)