中国江西省の徳興市で空が一面ピンク色に染まる 市の環境当局者は大気汚染説を否定

記事まとめ

  • 中国江西省で空が一面ピンク色に染まり、大気汚染が原因だと懸念する声も上がった
  • これについて当局は、波長の長い光が屈折して雲の層がピンク色になったと説明した
  • 発生当時、操業していた2工場からの汚染物質の排出はないとして大気汚染説を否定した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております