「陳情令」シャオ・ジャンとワン・イーボーが思いがけない再タッグ、権利侵害に断固反対

「陳情令」シャオ・ジャンとワン・イーボーが思いがけない再タッグ、権利侵害に断固反対

2019年の武侠ファンタジー時代劇「陳情令」にダブル主演したシャオ・ジャンとワン・イーボーが、思いがけない形で再タッグを実現させたと報じられている。

2019年の武侠ファンタジー時代劇「陳情令」にダブル主演したシャオ・ジャン(肖戦)とワン・イーボー(王一博)が、思いがけない形で再タッグを実現させたと報じられている。

企業情報・調査アプリ「企査査」が公開したデータによると、シャオ・ジャンとワン・イーボーがそれぞれ、洋服やファッション関連商品のネット販売を行う企業「杭州?阮服飾有限公司」を相手に、著作権および肖像権侵害の違法行為を訴えたもの。この訴訟についてワン・イーボーは5月13日、シャオ・ジャンは6月2日に裁判が行われる予定となっている。

ニュースサイトの捜狐(SOHU)によると、「杭州?阮服飾有限公司」は人気芸能人の顔写真やロゴなどをプリントした商品を多く取り扱っていた。現在、すでに登記の抹消を行い、ネットショップも閉鎖している。

この裁判についてはまずワン・イーボーが訴えを起こし、1カ月後に今度はシャオ・ジャンが同様の訴えを起こしたことが報じられている。「陳情令」の2人がそろって権利侵害に強い態度を見せたことでファンからは、「影響力のある彼らの行動が一罰百戒につながる」と期待する声や、そろって声を上げたことでの思いがけない再タッグに喜びの声も上がっている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)