ドラマ「且試天下」でヤン・ヤンが丸2日間ずぶ濡れの撮影も、わずか数秒にカット

ドラマ「且試天下」でヤン・ヤンが丸2日間ずぶ濡れの撮影も、わずか数秒にカット

最新の中国時代劇ドラマ「且試天下」で、主演俳優のヤン・ヤンが2日かけて撮影した雨のシーンが、わずか数秒にカットされていたことがファンを激怒させている。

最新の中国時代劇ドラマ「且試天下」で、主演俳優のヤン・ヤン(楊洋)が2日かけて撮影した雨のシーンが、わずか数秒にカットされていたことがファンを激怒させている。

先月18日に動画配信サービス・騰訊視頻(テンセント)で配信をスタートした「且試天下」は、ヤン・ヤンと女優チャオ・ルースー(趙露思)が主演の最新ドラマで、再生回数は早くも20億回を突破している。同作ではこのほど、ヤン・ヤン演じる二皇子が父王に許しを乞うため雨に濡れながらひざまずくシーンが、わずか数秒程度にカットされ、しかもほぼ後ろ姿だけ映されていたことが話題を集めている。

ドラマのメイキング映像でも確認できるこのシーンは、ヤン・ヤンによると丸2日かけて撮影を行ったもの。自然の雨に加えて人工雨が降り注ぐ中で全身ずぶ濡れになり、脱力感でセリフを言う気力も失われるほど疲労した撮影だったが、非常に印象深いシーンだと明かしている。なお、当時撮影に参加していたエキストラたちも、ヤン・ヤンの苦労と役者魂をSNSで称賛している。

ヤン・ヤンにとって思い入れが深く、ファンも心待ちにしていたシーンだけに、無残にカットされたことで不満の声が噴出。なお、「且試天下」は配信をスタートした直後から、原作小説から大きく離れた描写への批判や、過去のドラマからの盗作疑惑、馬への虐待疑惑など、数々の問題が浮上。このため、「ヤン・ヤンは本当にこの作品を受けるべきではなかった」「何から何まで悲惨すぎる」「ヤン・ヤンの努力と演技をとことん無駄にする最低の作品」「いいかげんに制作側は表に出て、全ての疑惑を説明するべきだ」と、怒りのコメントが多く上がっている。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)