時代少年団ディン・チョンシンが早逝の天才画家に変身、麗しい貴公子姿が人気

時代少年団ディン・チョンシンが早逝の天才画家に変身、麗しい貴公子姿が人気

文化・歴史番組「書画里的中国」シーズン2から、アイドルグループ時代少年団(TNT)メンバーで俳優ディン・チョンシンのメイキング映像が公開され、優雅で爽やかな青年画家の姿が好評を得ている。

文化・歴史番組「書画里的中国」シーズン2から、アイドルグループ時代少年団(TNT)メンバーで俳優ディン・チョンシン(丁程?)のメイキング映像が公開され、優雅で爽やかな青年画家の姿が好評を得ている。

北京衛星テレビが14日に放送した「書画里的中国」シーズン2は、誰もが知る名画の技法やエピソードを紹介する番組。宋代の「空中写真」と呼ばれる北京・故宮博物院蔵の「千里江山図」をテーマに、900年を経ても色あせない青と緑の鮮やかな色を出す顔料の謎を追い、この絵を描いた天才画家・王希孟を時代少年団のディン・チョンシンが演じている。

北宋の8代皇帝・徽宗に将来を嘱望されながら、わずか23歳の若さで他界した王希孟だが、番組ではディン・チョンシンが書生風の古装でりりしい姿を見せている。公開されたメイキング映像には、「とにかく顔がいい」「白衣の公子姿が麗しすぎる」「天才画家のイメージにディン・チョンシンがぴったりはまる」と、優雅な姿を称賛するファンの声が集まっている。

ディン・チョンシンは今年2月に開催された北京冬季オリンピックの開会式で、オープニングを飾った二十四節気のカウントダウン映像に出演。スター不在のはずの開会式に、実は人気アイドルがいたと話題になったが、映画や演劇専門の名門大学・北京電影学院に在学しているため、学生の1人として制作に参加したもの。なお、オープニング映像では顔がほとんど分からなかったが、撮影に関わった映像監督がその後ファンのために、ぼかし部分がやや薄くなったものを改めて公開している。(Mathilda)

関連記事(外部サイト)