習主席 フィリピンのマルコス新大統領と電話会談

習主席 フィリピンのマルコス新大統領と電話会談

習近平国家主席は18日午前、フィリピンのマルコス新大統領と電話会談を行い、あらためて大統領当選に祝意を表しました。

習近平国家主席は18日午前、フィリピンのマルコス新大統領と電話会談を行い、あらためて大統領当選に祝意を表しました。

習主席は、過去6年間、両国は善隣友好の方針を堅持し、共に手を携えて発展し、全面的な戦略的パートナーシップを確立してきたと述べ、双方は対話と協議を通じて互いの相違点を効果的に管理・制御し、各分野における実務的協力を積極的に推進し、両国関係は大きな成果を収めてきたと強調しました。さらに、両国の友好は両国国民の共通の利益に一致しているとし、中国はフィリピンとの国家管理と行政に関する経験の交流を強化し、インフラ、農業、エネルギー、教育等の国家建設と国民生活について、新型コロナ感染症対策とその後の経済回復を中心に、これまでの協力を強化し、新たな成長分野を開拓・育成し、両国と地域の発展と振興を促進していくと述べました。

習主席はさらに、ともにアジアの発展途上国として、フィリピンが引き続き独立した自主的外交政策を守り通すことを希望するとともに、中国は重要な国際的・地域的問題についてフィリピンとの戦略的な話し合いと協調を強化し、地域の平和的発展にとって好ましい状態を維持していくと強調しました。

これに対して、マルコス大統領は、フィリピン国民は中国を最も重要なパートナーの一つと見なしているとし、フィリピンの新政権は両国関係を外交政策の重点として、中国と各レベルにおける交流を強化し、経済貿易、インフラ設備、エネルギー、文化、教育等の分野における協力を深め、密接なものにしていくとの方針を表明しました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)