「世界貿易投資促進サミット北京イニシアティブ」が発表

「世界貿易投資促進サミット北京イニシアティブ」が発表

中国国際貿易促進委員会発足70周年祝賀大会および世界貿易投資促進サミットが18日に北京で開催されました。

中国国際貿易促進委員会発足70周年祝賀大会および世界貿易投資促進サミットが18日に北京で開催されました。大会のテーマは「貿易促進の力を結集し、開放と発展の共同促進に向けて」。中国国際貿易促進委員会および59の国と地域の貿易促進機構、企業の代表が会議で合意した共通認識は、「世界貿易投資促進サミット北京イニシアティブ」にまとめられました。

同イニシアティブは新型コロナウイルス感染症に共に対応することについて、全世界の商工業界の団結と協力を維持・促進し、感染症の政治問題化に反対し、衛生保健分野での協力を全面的に深め、ワクチンなどの医療物資が世界規模で公平に分配されることを共同で推進することを提唱しました。

グリーンで低炭素、持続的な発展を推進することについては、経済やエネルギー、産業構造のグリーンなグレードアップを強く推し進め、循環型経済を発展させ、発展途上国の気候変動に対応する能力向上を支援し、国連の持続可能な開発のための2030アジェンダを実現させることを呼びかけました。

中国国際貿易促進委員会の任鴻斌会長は、「世界貿易機関(WTO)を中核とする多国間貿易体制を共同で維持し、各国政府の政策面での協調を推し進め、貿易投資の自由化と利便化を推進し、産業チェーンとサプライチェーンの安全、安定、円滑さを着実に保障していく」と強調しました。(提供/CRI)

関連記事(外部サイト)