この10年間で米国人の中国に対する嫌悪感が急上昇したことが調査で明らかに

記事まとめ

  • 2016年に「中国に対して好感を抱いていない」と答えた米国人の割合が55%に達した
  • 2006年に比べて26ポイント増加 一方、米国に好感を抱いていない中国人の割合は44%
  • 両国とも50歳以上の層で互いにネガティブな印象を持つ傾向が強かった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております