独身の息子を案じる中国の男性、国際結婚詐欺に引っかかる―香港メディア

独身の息子を案じる中国の男性、国際結婚詐欺に引っかかる―香港メディア

20日、環球時報は、独身の息子の結婚相手を探していた中国の男性が国際結婚詐欺に遭ったと報じた。

2022年5月20日、環球時報は、独身の息子の結婚相手を探していた中国の男性が国際結婚詐欺に遭ったと報じた。

記事は、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストの18日付報道を引用。河北省に住む男性が独身の息子の結婚相手を探しており、親戚や友人から紹介を受けるもいずれの女性も家と自動車を要求、厳しい家計状況のために断念せざるを得なかったと紹介した。

そして、男性が2019年10月に結婚紹介所を運営するという人物と知り合い、この紹介所との間で息子のために外国人の結婚相手をマッチングしてもらう契約を15万元(約285万円)で結び、前金として3万元(約57万円)支払ったと伝えた。また、契約内容では、女性が息子との交際継続を拒否した場合には前金を返還することになっていたとした。

男性が14万5000元(約275万円)を支払うと、紹介所の人物が同11月に息子を連れてインドネシアに赴き、現地の女性と見合いを実施した。この女性が息子との結婚に同意したため、中国の伝統に倣って女性に金のブレスレット、イヤリング、ネックレスを贈った。また、男性は結婚する息子のために新居を用意したが、「新婦」はその後二度と姿を見せることはなかった。男性は「新型コロナによって中国に来られなくなったという。業者は2万元(約38万円)を返金すると言っているが、詐欺に遭ったかもしれない」と語り、警察に通報。現在警察が捜査を実施しているという。(翻訳・編集/川尻)

関連記事(外部サイト)